保険の窓口で相談してみる

アメリカンホームのこの保険で、たとえば印歳の女性が1口(保険料2800円)の契約をし、加入10カ月後に病死したとします。広告には「病気・ケガで亡くなられた場合に親族が負担する葬儀費用を最高121・9万円(満60歳・女性・1口の場合)まで保障」とありますから、たいていの人はそのくらいの額がもらえるものと思い込むでしょう。

ところが、現実に支払われる保険金はわずか3万7160円! この保険のパンフの「ご契約のしおり」には実は、「保障開始日から2年間の保険金額は、保険証券に記載の『葬祭費用担保特約部分の月払保険料』に『死亡日の前日までに到来した月払保険料の払込回数』を乗じた金額がお支払いの限度となります」と小さな文字でびっしり書かれているのです。

何を言っているのか、この説明ではきっぱりわかりませんが、ただ3万7160円を超える額はもらえないのは事実なのです。仮に契約者が「保険金が違う!」と文句を言っても、保険会社にしてみればきちんと書いてあるのだから「勝手な思い違いをした契約者が悪い」と言われるだけです。

契約前にちゃんと、こういう「現実」をしっかりチェックしておかないと、「こんなはずではなかった」という事態を招いてしまうのです。もう一つの「肝心なこと」は、この保険は生命保険ではなく、損害保険に分類される傷害保険である点です。現にパンフにも、「長期保障傷害保険」と書かれています。

保険の窓口で保険相談

ということは、この傷害保険はそもそも、病気を心配して加入する医療保険ではないと認識すべおおざっぱきでしょう。生命保険と損害保険の区別がよくわからない人が多いようなので、大雑把に説明しておきましょう。

まず、生命保険は病気、ケガの両方を保障しますが、傷害保険はケガのみで病気入院の保障はないと理解してください。損保会社はこれまで傷害保険しか販売できませんでしたが、今では生命保険も扱えるようになったのです。そこで従来の傷害保険と新しい生命保険の両方の商品が混在して売られています。

ところが、傷害保険をあたかも医療保険であるかのように宣伝しているケlスもあり、実際、病気入院で入院給付金が出ないのはおかしいというトラブルも起きているのです。

「人生まだまだ日これからだ」というような保険らしくない名称を付けたのも、この保険が傷害保険であることをあいまいにする魂胆があるからではないかと、勘繰りたくもなります。また、CMで宣伝しているアリコのボーナス付きの医療保険「かしこく積立入院保険」は、ボーナス100万円と入院保険の二つを両立できるというのがウリ。

しかし、おかしなことに誰もボーナス分の保険を知らされていませんから、お得かどうかわかりません。実はこの保険のボーナス分の保険料は、月8090円(男性・却歳)。そうすると叩年間で貯万800円支払って、利子が2万9200円ということになります。

医療保険は中身を理解し、入念にチェックして、自分に合ったものに加入しなければ、こういう検証をしなければ判断できないのです。それこそ大切な冶金をドブに捨てるようなもの。保険は非常に大きな買い物ですから、他のどんな商品よりも慎重に内容を検討したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>